チャンアン(Trang An)の観光名所群

Monday - 23/01/2017 23:32
地質を形成する数百万年に渡って、自然はニンビン(Ninh Binh)省に、チャン・アン(Trang An)観光名所の群-すばらしい自然奇観を贈った。

山紫水明の地
チャンアン観光名所の群は1万ヘクタールの面積を有し、チャンアンエコ観光地、タムコック(Tam Coc)-ビックドン(Bich Dong)観光名所、ホアルー(Hoa Lu)古都を含む。有名なチャンアン観光名所の群の全部はホアルー郡、ザー・ヴィエン(Gia Vien)郡、ニョークアン(Nho Quan)郡、ニンビン市における。
チャンアン観光名所の群を訪問する最初の日においては、私たちはチャンアンエコ観光地に到着した。

 

チャンアン(Trang An)の観光名所群について、ミンシン会社のツアーを参考していただきます。

01. チャンアンエコ観光地
02. ホアルー(Hoa Lu)古都
03. タムコック(Tam Coc)-ビックドン(Bich Dong)


チャンアン(Trang An)観光名所の群の一部。撮影:チャンアン(Trang An)観光名所の群管理委員会の資料

チャンアン渡し場。撮影:チャンアン(Trang An)観光名所の群管理委員会の資料


タムコック(Tam Coc)-ビックドン(Bich Dong)観光名所に沿う黄色の稲の野原。
撮影:ディン・コン・ホアン(Dinh Cong Hoan)(ベトナムフォトジャーナル資料)

数百万年を渡って、資質の建造することは素晴らしい鍾乳石がある洞窟を作った。撮影:コン・ダット
タムコック(Tam Coc)-ビックドン(Bich Dong)観光名所における鷲の嘴の形をする
山観光する観光客たち。 撮影:チャン・リン


チャンアンの渡し場から、私たちは小さいな船に乗り、小さいな船が青い川の上を進み、美しい石灰岩の景観に到着する。ときどき、夏の天雫が水面に降るイメージはチャンアン地域の風景のために、ロマンチックな魅力を作り出す。チャンアンエコ観光地は51の洞窟、30の谷を含む。この地域を訪問するとき、私たちは天国の風景を見ているように感じる。この地域はベトナムの「大陸におけるハーロン湾」と呼ばれる。

小さいな船はトイ(Toi)洞窟、サン(Sang)洞窟、セオ(Seo)洞窟、ナウルオウ(Nau Ruou)洞窟、バージョット(Ba Giot)洞窟へ私たちを連れてきた。私たちは数百万年から形成された鍾乳石の多様な美しさで、数多くの形態を連想した。この探検においては、私たちは時間(朝、夜)を分別できなかった。この探検も私たちのために、夏において、4シーズンの気候についての感覚をもたらした。
各研究者によると、チャンアン観光地は昔、ホアルー湾であった。しかし、約2億5千万年の時を経て、石灰岩の山脈はここに形成された。その上、人民たちは昔、洪水を防止するために、堤防を築いた跡はチャンアン地域のイメージを作り出す。
数百万年に渡り、海は大陸に変化したのに、石灰岩の山の麓においては、海であった証拠のkarst島がまだ存在する。それで、各専門家はチャンアン地域を「野外の地質博物館」として呼ぶ。

この旅の中、私たちはチャンアンエコ観光地で研究しているベトナム考古学研究院の専門家のグループと出会うチャンスがあった。各考古学専門家たちとともに、私たちはモイ洞窟、シン洞窟、トゥンビン1(Thung Binh1)洞窟、トゥンビン2洞窟トゥンビン3(Thung Binh3)洞窟に到着した。
この各洞窟においては、各科学者は淡水、海の軟体動物の痕跡を通じて、海の痕跡を発見した。そのほか、ここ地域は動物の遺骨、人間の遺骨、墓、席の労働用具、骨で作った用具、陶器などが発見された。このことはチャン・アン地域が1万~2万年前における古いベトナム人の住む場所である可能性があることを表現する。


グエン・カック・スー(Nguyen Khac Su)ベトナム考古学研究院の博士によると、発見された考古遺跡システムはチャンアン地域における洞窟形成の特別な特徴をつくり、特別な魅力を作り出す。スー教授と意見を共有するRyan Rabett博士(イギリスのCambridge 大学のMcDonald考古学研究センター)は「チャンアン地域はベトナムだけでなく地域に対して人間の歴史に関する特別な例であり、自然、文化の価値間の結合です。」と言った。

チャンアンエコ観光地における特別な洞窟群を発見した後、私たちはタムコック(Tam Coc)-ビックドン(Bich Dong)観光名所-「ベトナムの最も美しい洞窟の第2位にランクされる洞窟として呼ばれる」場所を訪問した。


チャン・アン観光名所の群の新たな洞窟の一つ-シン洞窟を考察する研究者のグループ。撮影:コン・ダット
チャン・アン観光名所の群の新たな洞窟において発見された標本。撮影:コン・ダット

チャンアン観光名所の群の洞窟を考察するイギリスのCambridge大学の専門家たち。撮影:チャン・アン(Trang An)観光名所の群管理委員会の資料

6月(夏)には、タム・コック、ビック・ドン観光名所は夏の陽光の中における石灰岩の山脈の麓にある黄色の稲の野原なので、もっと美しくなる。私たちの小さな船はゴー・ドン(Ngo Dong)川に沿い、黄色の稲の野原を渡り、ここでは稲を運ぶ船が多いので、風景は非常にロマンチックになる。

タムコック、ビックドン観光名所はタイ・ヴィー神殿―国内外の有名な遺跡を有する。タイ・ヴィー神殿は特別な建築で、タイ・ヴィー神殿の前には青い石で建られた井戸があり、タイ・ヴィー神殿の庭においては1689年に鋳造された古い鐘がある。ビックドン寺はアジアの特徴がある古い寺であり、チュオンイエン(Truong Yen)石灰岩の台地に建設された。ビックドン寺から見下ろす風景は、タム・コック、ビックドン観光名所の美しさが感じれる。

千年歳の古都
チャンアン観光名所を訪問する行程の中、私たちはホアルー古都を含む数多くの文化・歴史遺跡を訪問した。
チャンアンエコ観光地へ帰るとき、チャンアンエコ観光地の中心的な渡し場の近くにチン(Trinh)神殿がある。この神殿は2名の宦官を祭る場所である。伝説によると、この2名の宦官はこの地域を保存し、保護することに大きな貢献を果たした。クオン(Khong)神殿(カイ・ティー(Cay Thi)神殿と呼ばれる。)。

この神殿はディン(Dinh)時代(968年~980年)の7名の倖臣を祭る場所である。特に、チャンアン観光名所の群にはチャン神殿(Tran)-山頂にある有名な古い神殿である。チャン神殿に着くとき、人々は美しい風景を見、新鮮な空気を感じる。チャン神殿はディン・ティエン・ホアン(Dinh Tien Hoang)王により建設され、その後、チャン・タイ・トン(Tran Thai Tong)王(1218年~1277年)はこの神殿を引き続き改造した。

チャン神殿はキー・ミン(Quy Minh)神-ホア・ルー古都の南方を保護する神を祭る場所である。毎年、陰暦3月18日、観光客たちはチャン神殿の祭りに参加し、チャン・アン地域観光するために、この地域へ来る。10世紀を渡って、チャン神殿の石の柱で、鋳造された竜、蛇、亀、鳳凰の模様はまだ美しく残っている。


ノイ・ラム(Noi Lam)神殿(チャン神殿)。撮影:コン・ダット
ホアルー古都遺跡におけるレー王神殿の庭。撮影:コン・ダット
ホアルー古都遺跡におけるディン・ティエン・ホアン王神殿の庭。撮影:コン・ダット
タイ・ヴィー神殿の祭り。撮影:ズオン・ヒュー・クアン(Duong Huy Khang)

チュオンイエン(Truong Yen)山から見られるディン王神殿、レー王神殿。撮影:チャン・リン

ホアルー古都遺跡において、発見された模様、いくつかの標本。撮影:コン・ダット

タイ・ヴィー神殿観光するスペイン観光客たち。撮影:チャン・リン
ビックドン(Bich Dong)地域-数多くの観光客に魅力がある観光名所の一つ。撮影:チャン・リン


歴史家によると、チャンアン地域はホアルー古都の歴史的な価値、文化価値と関連する。歴史によると、968年、国家を統一した後、ディン・ティエン・ホアン(Dinh Tien Hoang)氏は王になり、ホアルー地域に首都を建設し、国家をダイ・コー・ヴィエット(Dai Co Viet)と名づけた。968年から1009年まで、ディン(Dinh)時代、リー(Ly )時代、チャン(Tran)時代に属する6名の王はホア・ルー地域に住んだ。1010年、リー・タイ・トー(Ly Thai Do)王はニンビン省のホアルー地域からハノイのタンロン(Thang Long)へ奠都した。ホアルー地域は古都になった。

ダオ・ティー・ミー・ズン(Dao Thi My Dung)ホアルー古都のガイドとともに、私たちはディン時代、レー時代の建築工程-千年前に、首都を建設し、ベトナムの独立を表現することを通じてベトナムの繁栄時期を表現する数多くの痕跡が残る場所を訪問した。
毎年、陰暦3月6日、7日、8日において、ニンビン省の人民たちはホアン王、レハイン王を追悼するために、ホアルー古都の祭りを開催する。このごろ、ホアルーはベトナム政府により特別な国家の遺跡として公認された。この特別な価値で、ベトナム政府の同意で、ニンビン省はユネスコがチャンアン観光名所の群を世界自然遺産として公認するための書類を作成することを行う。

グエン・カオ・タン(Nguyen Cao Tan) チャンアン観光名所の群管理委員会副会長によると、2012年3月から2012年5月までのチャンアン観光名所の群における風景、地質、文化遺跡、前史人間生活についての資料はPaul Dingwallニュージーランド 専門家により高く評価された。将来、チャンアン観光名所の群管理委員会はベトナム考古学研究院、地質研究院、発展・伝統研究院とともに、2012年9月にユネスコに提案される書類を完了するために、もっと数多くの資料を集める。そのほかに、グエン・カオ・タン(Nguyen Cao Tan)氏によると、ユネスコにチャン・アン観光名所の群を世界遺産として公認するための書類の提案過程を、国際組織、外交機関の支持を懇願する各活動は実行されている。
文:ガン・ハー(Ngan Ha)
写真:コン・ダット(Cong Dat)、チャン・リン(Trang Linh)、ズオン・ヒュー・クアン(Duong Huy Khang)、チャン・アン(Trang An)観光名所の群管理委員会の資料、ベトナムフォトジャーナルの資料

記事作者: Minh Sinh

情報源: vietnam.vnanet.vn/

記事数点:0 に 0 評価

この記事を評価するためにクリックしてください。
ベトナム紹介動画

オンライサーポット
Line Skype Messenger
Viber Wechat What'sapp
d
Viber Facebook Twitter
đường dây nóng ホンさん +84326207101
(日本語対応)
航空券、列車チケット手配
You did not use the site, Click here to remain logged. Timeout: 60 second